ちんこ増大大作戦

アルギニンの多い食べ物

アルギニンを調べると、第二検索ワードには増大 ED 効果 効能などの言葉が並びます。アルギニンはそれだけ大事な栄養素であり、できればたくさん摂取しておきたいと考えます。手っ取り早くアルギニンを摂取するためには食べ物でそれを補うのが理想的です。アルギニンを多く含む食べ物を食べてアルギニンの効果を最大限に実感したいところです。

 

 

アルギニンを多く含む食べ物の代表的な存在は大豆類です。湯葉や高野豆腐には多くのアルギニンが含まれています。そのため、これらを食べれば簡単にアルギニンを摂取できます。しかし、納豆などの製品にはあまりアルギニンが含まれていない事実もあります。またアルギニンを求めているのは大人の男性だけではなく、子供も同じです。成長には欠かせないアルギニンを子供にも摂取させるには湯葉や高野豆腐以外の食べ物も知らなければなりません。

 

 

ここでおすすめなのがきなこです。きなこは餅につけて食べるとおいしいだけでなく、様々な料理に応用ができます。これなら簡単に子供でも大人でもアルギニンを摂取できます。アルギニンの含有量も湯葉や高野豆腐には及ばないものの、大豆類の中ではかなり含まれているレベルに入ります。豆類にもアルギニンは含まれており、ごまやアーモンドなどにも多く入っています。ごま和えなどの小鉢にも応用しやすく、ほうれんそうのおひたしにごまなどを振りかけるだけで食卓に出せるのも魅力的な要素です。

 

 

 

次に魚介類です。アルギニンのいいところは煮ても焼いてもアルギニンが壊されないところです。成分によっては生で食べないと成分が壊れてしまうことがありますが、アルギニンにはそれがありません。調理の幅が非常に広いため、煮ることも焼くことも生で食べることも多い魚介類はまさに相性抜群です。中でも鰹節はかなりのアルギニンを含んでいます。色々な形で応用がしやすいため、大豆類と一緒に使っていけば効率よくアルギニンが摂取できます。

 

 

 

アルギニンを効率良く吸収させる栄養素にビタミンBがあります。このビタミンBを含んでいる魚介類がマグロです。マグロは誰もが刺身で食べたことのある定番の魚です。マグロそのものにもアルギニンは多く含まれていますが、これに加えてビタミンBを含んでいることから食べることで効率よくアルギニンを補えます。鰹節に多くのアルギニンを含んでいるのであれば生のカツオにもアルギニンは入っています。生のカツオはマグロと同じように安く手に入れることができるだけでなく、サラダとしても応用がききやすいため野菜と一緒に摂取できるのもプラスです。

 

 

 

肉類も忘れてはなりません。実はすべての食材の中で一番のアルギニンの含有率を誇るのが豚ゼラチンです。豚ゼラチンは皮などに含まれており、豚の角煮のプルプルした部分などは豚ゼラチンです。積極的にそうしたものを食べていけばアルギニンを多く摂取できます。肉類ということもあり、どの肉でも一定のアルギニンは含まれています。鶏肉や牛肉、豚肉にもほとんど変わらない量のアルギニンが入っています。魚介類などに比べると若干その量は落ちますが、応用しやすいことを考えると無視はできません。

 

 

 

特に鶏肉の場合はカロリーも低く抑えられており、ヘルシーに摂取できます。ダイエットをしている人にとってもおすすめであり、子供にも食べさせられます。肉類の特徴はアミノ酸をバランスよく摂取できる点であり、他の成分もしっかりと吸収できる部分です。豚の角煮などはそう簡単に作れるものでもなければ、結構面倒な部分もあります。ただ鶏肉に関してはコンビニでも販売されているなど、調理されたものを気軽に手に入れやすいという食材でもあります。その気軽さはかなりのメリットです。

 

 

 

食べ物からアルギニンを摂取する場合のポイントは、サプリメントに頼れる部分はそこに任せることです。サプリメントでアルギニンをすべて補うのは大変ですが、食べ物ですべてを補うとなるとカロリーが大変です。バランス良くアルギニンを摂取することが大事であり、一定量のアルギニンを食べ物で確保する努力は行って残りはサプリメントで補給するというのがおすすめです。子供の場合には大人に比べて摂取量が低く抑えられており、サプリメントで頼らなくても大丈夫です。大人の場合はサプリメントとの併用が必要です。

 

 

 

成人の場合は2グラムから9グラムとされており、いきなり9グラムを摂取するのは大変です。最初のうちは3グラム程度を摂取できるようにしていくことから始めることをおすすめします。毎日摂取をしていかなくてはならないため、例えばこの日は食べ物だけで摂取するなどのことを考えていけば楽しく摂取できます。楽に摂取することを考えて鰹節やきなこ、ごまなどを持ち運びできるようにしていけば外出先でも気軽に取り込めます。自分にとって食べやすいものを見つけると、アルギニンを積極的に摂取することが苦ではなくなります。