ちんこ増大大作戦

知っておきたい!増大サプリの副作用のすべて

アルギニンを主成分に持つ増大サプリが流行っています。アルギニンには血管拡張の効果があります。

 

ペニスに血液が流れ込みやすくなれば、自然とサイズアップが望めます。元々のペニスサイズを極端に超える程、巨大化する事は残念ながらありません。

 

 

しかし、今まで血液循環の問題で本来であれば、勃起によって膨張するはずだった部分が使えていなかった場合、増大サプリを愛用する事でデメリットが解消され、間接的には大幅なサイズアップが期待出来ます。

 

アルギニンはポピュラーな増大サプリの主成分です。血液循環の改善が促進され、ペニスにたっぷりと血液が流れ込むようになれば、亀頭のシルエットがワンランクアップしたり、陰茎の太さが充実します。

 

満足行く勃起力を得たい方に増大サプリはオススメです。

またアルギニンには男性ホルモンの分泌支援を促す効果があります。勃起力の向上に必要な精力、そして精液の量の増加に役立ちます。男性ホルモンの分泌量が低下すると、性欲が減り、自ずとペニスの硬さや大きさが減退します。

 

 

気になる増大サプリの副作用ですが、アルギニンのような栄養素に、目立った副作用はありません。そもそもサプリですので、医薬品のような副作用はもとからありません。

ただし、決められた量を著しくオーバーした場合、副作用に見舞われるリスクが出てきます。例えば、過剰摂取で頭痛や吐き気、消化不良が起きる事があります。増大サプリ一粒には大量の栄養素が配合されており、一度に大量に摂取すると、身体拒否反応を示す事があります。

 

 

また肝臓や胃腸や腎臓に大きな負荷が掛かる事かあり、内臓に不快感を覚える男性もいらっしゃいます。レアケースですが、病気治療中の方が、増大サプリの過剰摂取で重大な体調不良に至る事もあり、持病を抱えている方はまず主治医に相談しなければいけません。

 

 

そしてアルギニンの過剰摂取は、いわゆるヘルペスウイルスを育てる原因になります。ヘルペスを患っている方が増大サプリを飲みますと、その症状が悪化しますので、要注意です。