ちんこ増大大作戦

当サイトは、男性のシンボル、そうちんこについていろんな増大方法を、明記しているサイトです。
増大する方法は、いろいろとあります。 サプリを使用する方法とか器具を使用する方法とか、場合によっては手術をする方法もあります。 増大するには、どうしたらいいかわからない、そんなあなたのためになるサイトです。

おすすめの増大サプリはどれ?

製造原価度外視で究極までこだわり抜いた商品力だから 「リピート注文率93.6%」 多くのお客様から支持がある商品です。 販売実績:13万個 ※厳しい検査基準をクリア(検査機関の通過証明)した 日本国内製品の中でも最高品質の男性向けサプリメント商品です。

当サイトおすすめ

おすすめ1バリティン
「ビッグな男になりたい!」そんな男性の願いを叶えるために商品化しました。 製造原価度外視で究極までこだわり抜いた商品力だから 「リピート注文率93.6%」 多くのお客様からご注文いただいています。 未知なる「ビックな男」へ導く、唯一無二の商品スペックとは
おすすめ2 ギムロット
販売実績:13万個 ※厳しい検査基準をクリア(検査機関の通過証明)した 日本国内製品の中でも最高品質の男性向けサプリメント商品です。
おすすめ3 リザベリン
・《短小》《包茎》《ED》の悩みを解消する男性用No,1サプリ ・業界最多!世界91カ国から厳選された希少成分100種類を濃縮配合 ・開発に約15年、開発医師がその効果を体験して話題に!

おすすめ商品ガイド

リザベリン 医師が開発
バリティン リピート率脅威の93%
ヴィトックス モンドセレクション受賞
The GOLD 6万人の利用者突破

男性のシンボル増大方法

ペニス増大はトレーニングでは実現できません。なぜなら、ペニスには筋肉がないからです。

 

筋肉がついているならば、トレーニングをすることで大きくすることができるはずです。

 

しかし、筋肉がないため、トレーニングではペニスを大きくすることができません。

それではどうやって大きくするのかというと、血流を良くしたり、精力をつけたり、メンタル面で強くなることです。

 

ペニスを増大させるための1つのポイントは、血流にあります。

 

血の流れがスムーズですと、勃起がしやすい状態になります。

 

ED治療薬は血流を良くしてペニスの増大を促します。精子がないとペニスは十分に勃起ができません。

 

精子は3日で満タンになると言われていますが、人それぞれです。

亜鉛やアルギニンなどの栄養素をしっかりと摂取することで精子が作られるスピードが上がるという意見もあります。

 

亜鉛やアルギニンは精子をつくる役割をするので重要です。シトルリンには血流を良くするという効果があるので、ペニス増大効果があるとされています。

メンタル面も意外に重要になってきます。

 

過去に女性からひどいことを言われたことがトラウマになって勃起ができなくなったり、性行為中に萎えてしまうという男性は多いようです。

 

メンタル面で満たされている男性のほうが勃起力が上がる傾向です。

 

スポーツをしたり、トレーニングをしたりすることは体を健康にするという効果もありますが、ストレスを発散させてメンタル面でも強くなれるという効果もあります。

ペニスはトレーニングをしても大きくすることは基本的にできません。

 

成人をしたらペニスの長さが10センチから20センチにアップするということはあり得ないでしょう。

 

それではなぜそのような広告が出されているのかというと、勃起力をアップさせることで10センチから20センチに伸びるということがあるからです。

 

その人がもともと持っていたポテンシャルを最大限に引き出すことで、本来のペニスの長さを取り戻すことが可能となります。

勃起のメカニズム

勃起のメカニズムは、副交感神経が大きく支配してます。副交感神経は、主に人が精神的に

落ち着いた時に動く神経ですので、あなたも覚えがあると思いますが、心配事とか極度の緊張状態のときとか

女性とちょっととか、そんな気持ちにもちろんならないのですが、勃起できない、もしくは

フルボッキにならないのは、副交感神経のいたずらなんです。

 

勃起現象には、三種類あり、大脳皮質からと陰茎に直接物理的な刺激が加わり、勃起中枢が刺激され

起こる現象と、女性のヌードとかを、見たり創造したりすると、大脳皮質から勃起中枢へ伝達され

手起こる現象です。

また物理的刺激による、反射的な勃起現象は、刺激がなくなるとしぼんでしまうのですが、

中枢性勃起は、脳のへの刺激が続く限り勃起が維持されます。

 

したがってフルに勃起し続けるには、大脳が常に刺激が、つづくことが勃起に対して

大きく影響することがわかると思います。